コミックスタジオ私的メモ

パワートーンは使い慣れたPHOTOSHOPで操作できるので楽だったけどどうにもコミックスタジオは慣れないので試行錯誤中
コミックスタジオの公式サイトの講座http://www.comicstudio.net/kouza/index.html
アナログ派に贈る速効デジタル活用講座http://www.comicstudio.net/cs40/lecture/quick/pdf/quick_04.pdf
同人誌CGテクニック向上計画 for デジタルコミッカーズ ComicStudio編 (forデジタルコミッカーズ)
コミスタ3の本なので古いけど、4のでいい本が見つからない。
ねこまたぎくらぶ
http://chotto.art.coocan.jp/index.htm
道原かつみのサイト。老舗だけど実は一番実用かも。


アナログ原稿をデジタルで処理するとき、トーンを張った部分の選択範囲を作ったり網がモアレない様に処理するのに膨大な時間を費やすのに再びトーンを貼るというのは、
なんというか裸のフィギュアを作ってから衣装やパーツを上から盛って完成させた物を魔改造してもう一回裸に戻すような徒労感といいましょうか…デジタル化で楽になるってのは、導入コストと電気代を考えると元を取るためにどれだけかかるんでしょうかね。パソコンの電源全部落とすと冷房いらないぐらい涼しいぜ。今月の電気代明細見たくない。